美容代がもったいない?かかりすぎの美容代を節約する14の方法【主婦必見】

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
妻・彼女

美容代が毎月結構かかかってるな…
どうやって減らしたらいいの?

miso.

20代で夫婦資産1,000万円を達成した主婦がやった、「美容代の節約術」を紹介します!

美容代は、女性にとって大切な費用です。

しかしアレもコレもやりたいと手をつけると、家計を圧迫してしまうのも事実…。

  • 美容代を減らすために何からやればいいの?
  • 無理なく節約する方法はないの?

美容代を節約するためには、やめるよりも何か別な方法に置き換えることで無理なく節約することができます。

この記事では、すぐに実践できる『無理なく美容代を節約する方法』をまとめています。

miso.

自分に合った方法を見つけて、やれることから実践してみてください!

美容代は何費にすればいいか悩む方はこちら

目次

美容にかかっている平均費用とは?

20代〜50代の女性が美容にかけている費用はどれくらいなのでしょうか?

PR TIMES」のアンケート結果を参考にすると、下記の通りでした。

1ヶ月の美容代の平均金額

【アンケートに回答した方の年代】

30代・・・44%

40代・・・24%

20代・・・20%

50代・・・10%

60代以上・・・2%

【毎月のスキンケアにかけるお金】3,001円~5,000円と回答した方が最多の38%

【毎月のメイクにかけるお金】1,001~3,000円と答えた方が38%

引用:PR TIMES

この結果から、女性の美容代(メイク・スキンケア)は5,000円〜1万円弱くらいということが分かります。

とはいえ美容代の項目は、

  • 美容院代
  • ボディケア
  • 洋服代

など、他にもかかってきます。

毎月行くものではないかもしれないですが、月によっては2万円以上になることもあるでしょう。

【もったいない】美容代を見直す方法とは?

美容代を減らすには、まず自分がどれだけの美容代をかけているのかを可視化してみます。

  • ヘアケア
  • ネイル
  • 脱毛
  • コスメ
  • ジム
  • まつ毛

など、様々な項目があります。

自分の支出を知ることで、「どこを見直すべきか」が見えてきます。

美容代は何費にすればいいか悩む方はこちら

私の美容代について、見直し前と後の金額を比較してみるとこんな感じでした。

miso.

不定期の美容代が多いので、1ヶ月の美容代の算出が難しいですが、多い月の費用として洗い出してみました。

1ヶ月にかかる美容代

見直し前
見直し後
  • 美容院:カラー・トリートメントあり(2ヶ月に1回)約14,000円
  • ネイル 約5,000円
  • ジムのサブスク 約7,000円
  • マツパ 約5,000円
  • コスメ代(不定期) 約5,000円
  • 合計 17,000〜36,000円
  • 美容院:カットのみ(2ヶ月に1回)約5,000円
  • マツパ(2・3ヶ月に1回) 約6,000円
  • コスメ代(不定期) 約3,000円
  • 合計 0〜14,000円

今ではMAXで1万円を超える時もありますが、ほぼ0円の月が多いです。

支出を知り、自分の中での優先順位をつけていくことで、15,000円〜2万円ほどの美容代見直しに成功しました!

miso.

まずは皆さんも美容代がいくらかかっているのか把握してみてください。
「これは減らせそう…」「他に置き換えができそう」「これだけは削れない!」という要素がわかってきます。

無理ない美容代節約方法とは?

美容代を減らすことができた方法をご紹介していきます。

miso.

無理に減らす方法ではなく私がやってみて効果があったものなので、参考にできるものがあれば取り入れてみてください!

大きく分けるとこの5つの方法です。

私がやっている節約方法

1つずつご紹介をしていきます。

方法1 セルフをフル活用する

美容代は人にやってもらうので費用が高くかかってしまいます。

なので、セルフケアできるものを増やすことで美容代を減らすことができます。

私が取り入れたセルフケア

  • ネイル
  • 脱毛
  • 筋トレ

使ってよかったものをご紹介します。

ohoraネイル

ohoraは、韓国のネイルブランドです。

「時間や費用」がなくてネイルを諦めてしまう人へ向けているので、とても簡単でコスパよくネイルを楽しむことができます。

ohoraの初心者セットなら、

  • ジェルランプやリムーバーもセットでついてきて約6,000円
  • 好きなネイルデザインを2つ選べる
  • ネイルシールも2〜3回分は入っている

楽天市場売れ筋商品ランキングで7冠獲得!

miso.

デザインの種類も豊富で、不器用な私でも簡単に取り付けができました!

脱毛器

脱毛器を使うことで、1回買ってしまえば費用もかからず自宅で簡単にできるようになったし、かなり手軽になりました。

ハイパワーで2週間効果実感!

miso.

夫の髭用として使えて共有もできるし、全身使えるのも嬉しい!使った後はツルツルも実感できます。

筋トレ

2人暮らしをして太ってしまったので、ジムに行って筋トレをしていましたが、

  • 会費が高すぎる
  • 自宅でもできる

と思ったので解約をしました。

YouTubeを見たりして宅トレに切り替えれば無料でやれます。

おすすめの宅トレアプリ

Finc

引用:https://finc.com/

専属のAIトレーナーが管理をしてくれるので、続けるのが苦手な方におすすめです。

プランクチャレンジ&プランクワークアウト

引用:https://apps.apple.com/

プランクはめちゃくちゃきついですが、続けると効果が全然違います!

参考 同棲して太った私が-2Kgした5つのコツ【経験談】

方法2 安く購入・利用する

コスメや美容院代を安く購入できる場所をご紹介します。

  • ホットペッパービューティ経由で美容室を予約する
    • ポンタポイントやdポイントを使うと安くなる
  • コスメをドラックストアで安く買う
  • プチプラを使う
    • プチプラでもいい美容成分の商品もたくさんある
  • (自由テキスト)” title=””>Amazon、A8.netを経由すれば、美容代をキャッシュバックできる!

日用品を安くゲットする方法はこちら

高い美容液に効果を実感できていますか?

プチプラの商品で一石二鳥のケアをすることで節約&保湿力ゲット

  • ケシミン
    • 3種の美容成分配合なので使い分けが不要。
保湿成分抗炎症成分美白成分
ヒアルロン酸
Na-2など
グリチルリチン酸
2K
L-アスコルビン酸
2-グルコシド
ケシミン成分表

1,000円以下で必要な美容液が全部入ってる!

美肌効果の高いプチプラを選ぶ

1本で様々な効果が期待できるプチプラ商品でスキンケアをすれば、かなり節約することができます。

毎晩のW洗顔を辞めて洗顔料代を半分に!

miso.

高い美容費をかければいい訳ではなく、成分重視で選べば、プチプラで代用することが可能です!

Qoo10や楽天でポイント還元を受けるなら、ポイ活サイトを経由するのがおすすめです。

最大300円分のポイントがもらえる

方法3 自分にあったものにする

コスメをたくさん購入してしまう要因として、

  • 色んな商品を試してしまう
  • 自分に合うものがわかっていない

というのが挙げられます。自分に合う商品がわかれば、余計なものを買わずに源泉して選ぶことができるようになります。

  • パーソナルカラー診断を受ける
  • 試供品を使ってみてから購入する
miso.

自分に合うものがわかれば、メイクの時間も楽しくなります♪

簡単3分で無料診断

無料スキンケアサンプルがもらえる♪

方法4 購入の回数を減らす

金額を安くする方法以外にも、回数を減らせれば年間の美容代を抑えることができます。

  • ヘアカラーのトーンを落とす
  • ファンデーションのプッシュ量を減らす
  • パックなどまとめ買いをする
  • 使えるところまでしっかり使う
  • 適正の量しか使わないようにする

ヘアカラーもプリンが目立たなくなれば2ヶ月に1回で十分だし、まとめ買いをすることで単価も下げることができておすすめです。コストコを活用すれば、美容系アイテムも大容量でたくさん購入することができます。

参考 コストコの利用方法

スキンケアは適正量を守る!

スキンケアはたっぷり使うべきだと思っていませんか?

miso.

つけすぎても保湿効果が上がることはないし、メイクヨレの原因になることもあります。

毎日使う化粧数や乳液は、商品の裏面に書いてある適正量を守って使用することで節約になります。

気になる部分だけ使うとか、使う量は工夫することで消耗品を買う回数を減らすことができます!

方法5 普段から美容意識を持つ

日頃からケアすることを忘れなければ、大きな美容代を減らすことができます。

  • 紫外線対策
  • 水をたくさん飲む
  • サプリやプロテインを飲む

面倒ですが、続けることがとても大切です!

日焼け止めはたっぷり使おう!

日焼け止めはプチプラのものをたっぷりと使って、将来の美容代を節約した方がいいです!

紫外線のケアはあらゆる肌悩みの予防になるし、将来にかかる多額のエイジング費用を節約することができます。

  • シミ
  • シワ
  • たるみ
  • ほくろ
miso.

これらの肌悩み対策として、日焼け止めは日頃からたくさん使いましょう!

参考 

無理せず美容代を節約しよう!

今回は、美容代を無理せず減らす方法をご紹介しました。美容代を減らせると、生活費にゆとりを作ることができます。

無理のない方法で少しずつ実践してみてくださいね。

美容代節約方法まとめ

miso.

私のブログでは、2人暮らしの節約方法や家計管理についてご紹介しています。
よかったら下記のリンクから別記事もご覧ください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次